お土産プレゼント、当選者を発表します!!

第30回「お土産プレゼント」に当選されたのは下記のみなさまです。

サダヤマさん、キムラエミリさん、ヒロ37さん、くろひーさん、おもちさん、虹ママさん

これまでにみなさまから届いたページへのご感想の一部を、各町村、会社からのお返事とともにご紹介します。

キラリと光る会社

安心堂への感想】

サダヤマ さん

コロナ禍でのピンチを逆にチャンスに変える発想の転換は、口で言うのは簡単かも知れませんが、凄いご苦労だったと思います。「なんのために、誰を喜ばせようと仕事をしているのか」まさにその通りだと思います。最後は本当に基本に立ち返って。そのような人に、お客さんもお仕事をお願いしたいと思う気持ちが分かります。母は強しですね!

安心堂

安心堂からのお返事

胸の熱くなる温かなご感想をお寄せいただき誠にありがとうございます。
頑張って来てよかったと、とても励みになりました。
これからも何があっても前を向いて頑張っていこうと思います。
引き続き、皆様の笑顔のきっかけになるものづくりができるように頑張ります。
今後とも沿線グラス及び安心堂を宜しくお願い申し上げます。

城南村田への感想】

おもち さん

とても興味深い記事をありがとうございました!
物ができるまでのプロセスが本当に面白く、頭の中で想像しては感心しきりです。
一つのものが出来上がるのに、これだけの人たちの技術と努力が必要なんだなぁとしみじみ思います。
また、私は介護福祉士なのですが、コロナ禍でのフェイスシールドは本当にありがたかったです。
マスクがない時は本当に大変で、どこの施設もそうだったろうと思います。
フェイスシールドが回ってきた時はかなりの安心感を取り戻せて、きっと城南村田さんの作られたものも、そうして誰かの助けになったんだろうなと想像して暖かい気持ちになれました。
ありがとうございました!

城南村田

城南村田からのお返事

ご感想いただきありがとうございます。
コロナによって大きな変化がありましたが、時代の変化に合わせつつこれからも丁寧な製品づくりを心掛けて参ります。

浜田漁業部への感想】

ヒロ37 さん

すごく興味深い記事でした。きゅうり〜のくだりのところは確かに!という感じでした。産地は記載されているけど、具体的な農家さん、漁師さんのことは選びようが無いですよね。いい設備を備えている船とそうでない船の水産物が一緒にされてしまうのも、しょうがないけど残念ですね。もっとそういった農家、漁師が報われるといいですね。
日本のマグロ船がどんどん減ってしまっているのもショックでした。外国産しか食べられない、そんな日が来ないように日本の漁業を守っていってほしいです。そのために微力ながら値段が高くても日本産のものを食べるようにします。

浜田漁業部

浜田漁業部からのお返事

この度はKirariに掲載されている弊社に素晴らしい感想を寄せていただき誠にありがとうございました。
新型コロナウイルスの影響や緊迫するウクライナ情勢を受けて、我々日本の遠洋マグロ漁業者の経営環境は厳しい状態が続いています。
最近では世界的に食糧の争奪戦が起きており、円安の日本は他国に買い負けしている状況が続いています。
マグロも例外ではなく、外国産が入荷が減っており、スシローが値上げを発表をしたのは記憶に新しいところです。
それでもマグロが大好きな日本の皆さんに美味しい国産天然マグロを提供できるように今後も頑張りたいと思います。
これからも乗組員一丸となって応援してくださるヒロ37さんのためにも日本のマグロ食文化を支えていきたいと思います。
今後とも浜田漁業部、そして清福丸の応援、どうか宜しくお願い致します。

ゴーヤカンパニーへの感想】

サダヤマ さん

私は同じ音楽に携わっている者として、一般の社会人と音楽界の人との違いは、まずは忍耐力と、それに付随したパッションとエモーションだと思っています。
寝る時間を削って~、朝まで練習したこともある、これは音楽の業界人なら誰しもが通る道だと思いますが、口で言うほど簡単ではありません。一緒に経験して、周りには心が折れた人も沢山居ます。最初は不思議でしたが、長年を通した今になって、むしろそれが普通だと思えるようになりました。
そんな経緯もあって、大変共感させて頂ける話でありましたし、その根性や粘り強さ、またそれに対して楽しさを感じられる方の食品には大変信頼がおけると思いました。これからもそのスピリットを貫いていって頂きたいと思って居ります。

ゴーヤカンパニー

ゴーヤカンパニーからのお返事

お便り、ありがとうございます。
サダヤマさまはピアニストなんですね。
不思議なもので、音楽をする人には言葉に出来ない親近感を抱きます。
そして、大先輩からのメッセージに励まされました。
ありがとうございます。
僕の場合、どんな苦難でも、音楽があれば乗り越えられるので、事業が大変な時期も、音楽に助けられて今に至ります。
まだまだ、世界は暗いままですが、これからも食と音楽で身近な人たちを笑顔に出来るよう頑張ります。
暗闇の中で灯りを探し求めるよりも、自分が光れば良いと思っています。
これからも、どうぞ宜しくお願いします。

加計呂麻バスへの感想】

虹ママ さん

人的バリアフリーと言われるほど人のためにつくしてきた会長さんを尊敬しました。今の時代そこまでのことは出来ませんが、たくさんの人に信頼されてたくさんのかたの生活を支えてきたと言っても過言ではないし、人のために尽くすというのは素晴らしいことだなと痛感しました。

加計呂麻バス

加計呂麻バスからのお返事

「人的バリアフリー」は、運転士さん達が自然体で取り組んで下さってます。
「結いの心」という助け合いの精神文化が島に残っているんだと感じてます。
ご感想ありがとうございます。
これからも、加計呂麻島で、頑張ってまいりたいと考えております。
虹ママ様も、コロナが落ち着きましたらぜひ一度、加計呂麻島へお越し下さい。
乗務員一同、お待ちしております。

おもち さん

とても興味深い記事をありがとうございました!ものすごく良い島、良い時代、良い人たち、良い環境だなぁと憧れの気持ちを抱きました。
コロナ禍のいま…人との繋がりがどんどん希薄になってきて、仲のいい人たちや職場の人たちとも距離ができて、孤独を感じる時が多いです。
この記事を読んで、人的バリアフリーが、今こそ欲しいし、そんな世の中になってくれないかなぁと思っちゃいました。
私は福祉に携わっていますが、助けが必要な人にとって、「ちょっとしたことを頼みたい」これが今の時代、物凄くハードルが高いんです。
やれ手続きが必要、あなたは対象ではない、それはサービスから外れているから出来ない…。
なんとも言えない気持ちになります。
バスで色々な物を運んであげた…想像したらちょっぴり笑えて、すごく暖かい気持ちになれました。
そんな気持ちで行動してくれる人や企業が、どんどん増えて欲しいと切に願います。
これからも頑張ってください!

加計呂麻バス

加計呂麻バスからのお返事

「人的バリアフリー」は、社内でも大切にしたい取り組みです。
「結いの心」という助け合いの島の精神文化が、運転士の皆さんの心に残っているんだと感じてます。
ご感想ありがとうございます。
コロナ禍の中、福祉の最前線でお仕事に従事されているという事ですが、心から敬意を表します。
何かと大変な時代ですがお身体ご自愛され頑張ってください。
私どもも加計呂麻島で、頑張ってまいりたいと思っております。
おもち様も、コロナが落ち着きましたらぜひ一度、加計呂麻島へお越し下さい。
乗務員一同、お待ちしております。

キラリと光るまち

檜原村への感想】

サダヤマ さん

子育て支援に力を注いでいる以前に、「子供が好き」というのが伝わってくるところが非常に良いと感じました。愛情が伝わることで、その子供たちが「若者」世代になったときに地元への愛着を持ってUターン者も沢山出てくるような気がします。「余ったら返せばいい」ご尤もです。緊急事態宣言が日常として続いたことに慣れてしまって、それこそが緊急事態だと気付いてないのと同じように、当たり前のことが当たり前に出来ない人は世の中には沢山居ると思います。そういった意味で、村長さんは「村長」として変わっている人なのかも知れませんが、当たり前に出来る逸材な方なのだと感じました。木が沢山連なって森となるように、人を大切に、個を尊重して成り立っている、1つの理想のコミュニティ像が見えた気が致しました。

檜原村

檜原村からのお返事

このたびはkirariに掲載されている檜原村にご感想をいただき誠にありがとうございました。
檜原村は東京都内で唯一の村(島しょを除く)で、面積の約93%を森林が占める豊かな自然環境に恵まれた村です。
檜原村では、大半を占める森林資源を積極的に利活用することに力を入れております。記事にも掲載してあります学校の木質化をはじめ、村内公共施設などにも地場産材を多く使用しております。
また、移住・定住対策として建築している村営住宅は、もちろん「檜原産材」で建てられた住宅です。これからも自然と共存し、檜原村の人が幸せに暮らせていければと考えております。

今後とも“東京都檜原村”をよろしくお願いいたします。

キラリサイトでは、引き続き「お土産プレゼント」を実施中です。
くわしくは、こちらをご覧ください。
たくさんのご応募をお待ちしております。

ページトップへ