お土産プレゼント、当選者を発表します!!

第26回「お土産プレゼント」に当選されたのは下記のみなさまです。

伊藤恵佳さん、ひふみんママさん、牧場の朝さん、あーちゃんさん、藤原歩美さん、そらてりさん、こぶたさん、ミングさん、田原彰人さん、ミニドラさん

これまでにみなさまから届いたページへのご感想の一部を、各町村、会社からのお返事とともにご紹介します。

ゆかいなローカル♡

ウマジンへの感想】

藤原歩美 さん

隣の岩手県にすんでいて、たまに青森にもドライブや遊びにいったりするのですが、ウマジンは初めてみました!とてもユニークで、おもわず注目しちゃいますね!私もぜひかぶって街を歩きたいです。仕事柄外国人を相手にすることが多いのですが、外国から来た人たちが見てもとても喜びそうです!ぜひ広まってほしいです。

ウマジン

ウマジンからのお返事

素敵な感想をいただきましてどうもありがとうございます。これまで十和田を訪れる様々な国の方々にウマジンになっていただきましたが、コロナ禍ですっかり途絶えてしまいました。現在このような外国人向けツアーも企画中ですので、状況が落ち着いた際にはぜひ遊びに来て下さい。ウマジンになって一緒に街を歩きましょう!
他にもたくさんの励ましや応援のメッセージをいただきました。本当にどうもありがとうございました。
これからも私たちはウマジンが世界を平和にすると信じて楽しく活動していきたいと思っておりますので、引続き応援の程どうかよろしくお願いいたします。

キラリと光る会社

KENLANDへの感想】

そらてり さん

ニット・リネン・麻製品など今までそれがどのようなものかあまり理解しないでなんとなく身につけているとオシャレっぽいとかこだわりがあるように思い自分用にも贈答用にも購入してきましたが、なぜこんなに高価なんだろう?と思うだけでその原料や製造工程など全く知りませんでした。
KENLAND代表のお話を聞いてリネンをニットにすることの大変さや、リネンが夏にも冬にも適している特性や一生モノのアイテムとなりえるなど、リネンの魅力をとても感じ今までになかった関心を持ちました。
実はこの記事を読んで一度デパートの催事に足を運んだことがあります。
とても丁寧に製品の説明をしてくださり私にとっては少し高額!と思いましたが一生モノだと思い購入しました。色合いが気に入ったのはもちろんですが本当に肌触りが良くサラリとしたつけ心地は最高です。
自然素材で自分だけの1枚という特別感もありお気に入りです。
今回改めて記事を読み、KENLANDさんのこだわりや社員の方が誇りとやりがいを持って働いている姿や代表の大沼さんのスケジュールが1月2日の朝9時から12月31日の18時まで、ほぼ決まっているほど忙しく全国をまたに活躍している姿を感じ、自社製品を誇りと自信をもって販売しているのだと今まで以上にその良さを実感しました。
コロナの影響でデパートでの催事が中止や延期になるなど今は困難も多いでしょうが製品のすばらしさに誇りをもって乗り越えてほしいです。
私も微力ながらリネンを使いその良さを伝え応援しています。

KENLAND

KENLANDからのお返事

この度はKIRARI掲載記事を読んでいただきありがとうございます。
感想を拝見し、皆様がしっかり、じっくり読んでいただいた事が伝わってきました。
今回プレゼント当選の「そらてり」さんは、実際に催事会場に足を運んでいただき、お求めいただて使っていただき、本当にありがとうございます。
ケンランドリネンが生活の一部となり、使い続ける商品開発を目指していきますので、これからもよろしくお願いします。

ゴーヤカンパニーへの感想】

伊藤恵佳 さん

前職はミュージシャンという代表のことがまず興味を引いた一番の要因です(笑 どうして音楽関係の仕事から食品の仕事に就いたのか興味を持ちました。
お父様が行っていたのを引き継いだというのもありますが。。地元に恩返しがしたいとう代表の思いに心打たれそういうことだったのか!!と納得しました。島豚ごろごろのネーミングの意味や震災後になかなかご飯を食べれない子がこれを食べるとご飯がすすむというエピソード。良いですね。遠い場所でも繋がっているのですね。食品・音楽は違うジャンルと思いがちですが・・プロとして変わらず熱い気持ちで携わっている代表の情熱確かに感じました。

ゴーヤカンパニー

ゴーヤカンパニーからのお返事

メッセージありがとうございます。
僕が起業した当時は、石垣島で音楽活動を行うことが難しい環境でした。
また、長い間、ミュージシャンをしていた事もあり、どこかの会社に務めて誰かの下で働くことが苦手な性格だったこともあり、東京で経営していた沖縄料理店の経験を活かした職業として、食品会社を起業した経緯があります。
この仕事で安定したら、好きなだけ音楽活動をする予定だったのですが、なんとも世間は甘くないですね。笑
コロナ禍で、見渡す限り明るいニュースの少ない毎日ですが、島豚ごろごろで、美味しい笑顔をお届け出来たら嬉しいです。

浜田漁業部への感想】

あーちゃん さん

時代に合わせた漁法で大切な海の資源を守りながら、最先端の技術も取り入れて"美味しいマグロを届ける"という情熱が素晴らしいと思いました。漁業は厳しいとは聞いたことがありますが、漁業を継続するための支えとなる造船や釣り針の会社がそれぞれ二社しか残っていない状況や、インドネシアの方々に支えられているとまでは知らず、とても勉強になりました。
また、最先端の技術で処理された美味しいマグロが市場では国産マグロとして他のマグロとまとめて流通されていることに、驚きと残念な気持ちでいっぱいになりました。『極洗マグロ』として私たち消費者のもとまで届いて欲しいと強く願います。マグロ漁船が減った時に違う展開が見えてくるという観点から最後の1隻になってもやれという柔軟さは、違う業種を経験されたからこその考え方なのですね。
スーパーやお寿司屋さんにマグロがあるのを当たり前のように感じていたことを反省し、環境が厳しい中でも美味しいマグロを消費者へと強い想いのもと届けてくださっている方々がいることに感謝していただいていきたい思いました。

浜田漁業部

浜田漁業部からのお返事

この度はKirariに掲載されている弊社に素晴らしい感想を寄せていただき誠にありがとうございました。
新型コロナウイルスの影響で、我々日本の遠洋マグロ漁業者の経営環境は厳しい状態が続いています。
それでもあーちゃんさんはじめ、日本の皆さんに美味しい国産天然マグロを提供できるよう頑張ります。
これからも乗組員一丸となって日本のマグロ食文化を支えていきたいと思います。
今後とも浜田漁業部、そして清福丸の応援、どうか宜しくお願い致します。

加計呂麻バスへの感想】

ミング さん

ほのぼのとした風景が目に浮かびました。島の方々にとってはなくてはならない存在でありずっと続いてほしいなと率直に思いました。
人的バリアフリー、お父様の考え方に感動しました。そのスピリットが受け継がれている様に従業員の方の笑顔からも伝わってきます。
私自身、知らない場所でしたがゆったりと自然を感じる為にも一度は訪れてみたい場所になりました。

加計呂麻バス

加計呂麻バスからのお返事

ご感想ありがとうございます。
「人的バリアフリー」について有り難いお言葉を頂きました。
創業期からの「島民のお役に立てる事を誇りに想う」という運行理念を大切に、今後も努力していきたいと思います。
奄美は近年、世界自然遺産登録が期待され、益々クローズアップされてきました。8つの島から構成される「奄美群島」の中に、加計呂麻島もあります。
ぜひ一度、ゆっくりと流れる「かけろま時間」を味わいに来て下さい。
乗務員一同、お待ちしております。

田原彰人 さん

世界自然遺産に登録が決まれば素晴らしいですね。瀬戸内は二度行った事があります。
また行きたいですが時間はあるのにお金がないという悲しい現実。早く再就職してお金をためなければ。加計呂麻バスの取り組みは本当に素晴らしい。コミュニティを守っていく事はとても大切と思います。

加計呂麻バス

加計呂麻バスからのお返事

ご感想ありがとうございます。
瀬戸内町へは、2度お越し頂いたとのことですので、次回はぜひ加計呂麻島までご来島ください。
奄美は世界自然遺産登録へ最終段階といったところです。加計呂麻島も含め誇れる自然を後世へと守っていくために、私たちもバス事業を通して努力してまいりたいと考えております。
人口が減少する離島におけるコミュニティーを守り、島民との絆を大切に今後も運行してまいりたいと思います。
ありがとうございました。

キラリと光るまち

檜原村への感想】

ひふみんママ さん

檜原村の記事を読み温かい気持ちになることができました。木の温もりを感じられる学校で羨ましく思いました。木が楽しい気持ちも悲しかった気持ちも全部受け止めてくれるような素敵な教室ですね。息子が六歳になるのでそろそろ小学校入学です、檜原村の学校のようなところに通わせてあげたいと思いました。また、子育てが本当にしやすそうな場所ですね、オムツ代が半額だったりホームステイができたりと親にも子どもにも優しいですね。
そして新しいアイディアを受け入れる坂本村長の姿勢が素敵な村になっている証拠だと感じました。あの坂本村長の笑顔やオカリナの演奏を見たいです。私も看護師として患者さんや職場の人の意見を受け止めより良い看護をしていきたいと思います。

檜原村

檜原村からのお返事

このたびはkirariに掲載されている檜原村にご感想をいただき誠にありがとうございました。
檜原村は東京都内で唯一の村(島しょを除く)で、面積の約93%を森林が占める豊かな自然環境に恵まれた村です。
檜原村では、大半を占める森林資源を積極的に利活用することに力を入れております。記事にも掲載してあります学校の木質化をはじめ、村内公共施設などにも地場産材を多く使用しております。
また、移住・定住対策として建築している村営住宅は、もちろん「檜原産材」で建てられた住宅です。これからも自然と共存し、檜原村の人が幸せに暮らせていければと考えております。
今後とも“東京都檜原村”をよろしくお願いいたします。

キラリサイトでは、引き続き「お土産プレゼント」を実施中です。
くわしくは、こちらをご覧ください。
たくさんのご応募をお待ちしております。

ページトップへ