お土産プレゼント、当選者を発表します!!

第24回「お土産プレゼント」に当選されたのは下記のみなさまです。

西郷さん、中山さくらさん、ゆきちゃんさん、三宅志野さん、ジョンさん、みぃさん、まんざらくさん、ひげパパさん、タカさん、すいさん、うにまるこさん、白い人の妻さん、ヒーローさん

これまでにみなさまから届いたページへのご感想の一部を、各町村、会社からのお返事とともにご紹介します。

ゆかいなローカル♡

ウマジンへの感想】

白い人の妻 さん

「ウマジン」…最初は何のこと?と、記事を読み始めて、ジワジワときました。地元を盛り上げようとする素敵な気持ちと、皆さんが楽しんで活動している感じがとっても伝わってきました。"高齢化″と戦っているところや"ゆるキャラ″とは違うところなど、クスクスとしつつ深みにハマる内容で地元にもこのような人たちがいたらいいのになぁと思いました。これからも、ウマ中の方々がより若いウマジンを生み出していって欲しいですね。応援しています!

ウマジン

ウマジンからのお返事

素敵な感想をいただきましてどうもありがとうございます。青森県外にもじわじわと活動を広げているウマジン。現在はコロナ禍で活動が容易ではありませんが、いずれ宮城県にも出没できる日を夢見ております。その時には白い人の妻さんもぜひウマジンになってくださいね。
他にもたくさんの励ましや応援のメッセージをいただきました。本当にどうもありがとうございました。
これからも私たちはウマジンが世界を平和にすると信じて楽しく活動していきたいと思っておりますので、引続き応援の程どうかよろしくお願いいたします。

キラリと光る会社

株式会社 とりへの感想】

中山さくら さん

読んでいてホッとすると言うか、安心しました。
私の4歳の次男が虫がとっても大好きで、「何か虫が〜」「何かのたまごが〜」と聞くとスイッチが入って観察や虫かごへの捕獲が始まります。
小さい頃から鳥への興味があり、大人なった今でも鳥への愛情がすごく伝わりました。
私も次男に同じように素敵な将来を迎えられるように、否定せず受け入れるお母さんになりたいと思いました。
私は虫が苦手ですが次男の気持ちを尊重し見守りたいです。
スズメの作品とっても素敵でした!

ゆきちゃん さん

まるでスズメが生きているようで生き生きしていますね。息子がスズメを摑まえてって蝶々を採る感覚で言うのですが困ってしまいました。日本昔話の世界に入っているのでしょうか?空見上げてスズメ愛おしそうに眺めていました。

三宅志野 さん

スズメがそこにいるだけで癒されるという気持ち、すごく分かる気がしました。幼い頃からの好きを大切にされて、それを今では仕事にできていること、素直に羨ましいと感じます。子育てをする母の身として、子供たちが好きと純粋に感じる気持ちや心を大切に育みたいと思います。考えを押し付けずに見守りますね!

ジョン さん

スズメ社鳥さん、社鳥という名前も面白いですが、その名前の通り鳥が本当に好きなんだなと感じました。
昔から鳥の図鑑などを読むのが好きだったそうで、それが今の仕事につながっているのは凄いことだと思います。
ブラックな会社で苦労もされたそうですが、それも今この状況のためにあったのかもしれません。
子供の頃の願いを叶える、それを実現されていることに尊敬の念を抱きます。

株式会社 とり

株式会社 とり 代表鳥締役 スズメ社鳥 からのお返事

今回もたくさんの感想をいただきまして、ありがとりございます。
とくにお子さんがいらっしゃる方々から、我が子の「好きな気持ちを大事したい」という言葉が頂けました。
これが本当に嬉しくて。
お子さんが将来、という場面はもちろんですが、どなたにとっても辛い状況になった時、何かを好きな気持ちがきっと支えになると思っとります。
プレゼントのポチ袋は、赤、銀、金とめでたい色をとりいれてみました。
文言は、ありがとりございます。お世話になっとります。おめでとりございます。の三種類。
年末年始で楽しく使って頂ければ幸いです。

ゴーヤカンパニーへの感想】

タカ さん

ゼロから事業を起こす姿に感動しました。私は勇気がなくやりたいこともやれずに会社勤めですが、退職したら本当にやりたい事をやってみたいです。

ゴーヤカンパニー

ゴーヤカンパニーからのお返事

メッセージありがとうございます。
仕事勤めも独立しての環境も、転んだり起き上がったり、身の回りに起こる出来事は似たようなものだと感じています。
辛抱するスキルは今のうちに鍛えられていると思いますし、やりたいことがあるなら、今はそれを大切にあたためる時期ですね。
羽ばたける時が来たら、それまで我慢していた想いを思う存分広げて下さいね。

浜田漁業部への感想】

白い人の妻 さん

少なからず漁業が大変なお仕事だとは知っていたつもりでした。今回この記事を読ませていただいて、実際は外国船の影響や漁獲量の減少など想像以上に大変なのが分かりました。その大変な中でも、美味しい魚を届けることにプライドをもって続けられていらっしゃるとのこと、感謝しかありません。ありがとうございます!また、美味しい魚が食べられるのは日本の素晴らしい造船技術や高い冷凍技術が関わっていることを知ることができたのも興味深かったです。

浜田漁業部

浜田漁業部からのお返事

この度はKirariに掲載されている弊社に素晴らしい感想を寄せていただき誠にありがとうございました。
養殖マグロや安価な外国産マグロの台頭で、我々日本の遠洋マグロ漁業者の経営環境は厳しい状態が続いています。
それでもマグロが大好きな日本の皆さんに、美味しい国産天然マグロを提供できるように日々奮闘しております。
日本の生食文化を支えるために、これからも乗組員一同頑張ります。
今後とも浜田漁業部、そして清福丸の応援、どうか宜しくお願い致します。

加計呂麻バスへの感想】

ヒーロー さん

林範孝会長、タクシーの運転手さんから取締役へ、沢山の経験をされたんだなあと思い記事を読んでいました。写真からお人柄が伝わってきます。

加計呂麻バス

加計呂麻バスからのお返事

ご感想ありがとうございます。
加計呂麻バスでは、STAFF全員が社長であり、運転士であり、整備士であり、ガイドもやります。
一人何役もこなします!笑
島のバスとしての役にたてるよう努力していきたいと考えております。
新型コロナの関係で、全国的に何かと大変な時ですが、加計呂麻島はいつも通りゆっくりと時間が流れています。
落ち着きましたら、ぜひ加計呂麻島へお越しください。
加計呂麻バス乗務員一同、心からお待ちしております。
ありがとうございました。

キラリと光るまち

檜原村への感想】

みぃ さん

自分は23区内に住んでいますが、ここ数年で「檜原村」という名前をよく聞くようになった気がします。
坂本村長のリスクを恐れない柔軟な姿勢が様々な人を巻き込み、いろんな形で村の魅力が発信されているのですね。
SDGsへの関心の高まりや進行する郊外志向に伴い、これからますます注目を集める地域になりそうです。

檜原村

檜原村からのお返事

このたびはkirariに掲載されている檜原村にご感想をいただき誠にありがとうございました。
檜原村は東京都内で唯一の村(島しょを除く)で、面積の約93%を森林が占める豊かな自然環境に恵まれた村です。
檜原村では、大半を占める森林資源を積極的に利活用することに力を入れております。記事にも掲載してあります学校の木質化をはじめ、村内公共施設などにも地場産材を多く使用しております。
また、移住・定住対策として建築している村営住宅は、もちろん「檜原産材」で建てられた住宅です。これからも自然と共存し、檜原村の人が幸せに暮らせていければと考えております。
今後とも“東京都檜原村”をよろしくお願いいたします。

キラリサイトでは、引き続き「お土産プレゼント」を実施中です。
くわしくは、こちらをご覧ください。
たくさんのご応募をお待ちしております。

ページトップへ